Jupyter NotebookでIPython Notebook(.ipynb)をインポートする方法: importnb

どうも~むるむるです~

この記事ではJupyter Notebookを使っているなら知っておきたいIPython Notebook(.ipynb)をインポートする方法を書いていきます.

モジュールのインポート全般に関する記事はこちら

別のディレクトリにあるファイルをインポートする方法はこちらの記事をご覧ください.

importnbを使う

importnbというライブラリを使うと簡単にIPython Notebook(.ipynb)をインポートすることができます.

以下の例では同じディレクトリにある「test_file.ipynb」というファイルをインポートしています.

# ipynbのインポート
import importnb
with __import__('importnb').Notebook(): 
    import test_file
test_file.hello_ipynb()
'''
出力結果:
IPython Notebookからこんにちは
'''
# test_file.ipynbの中身
def hello_ipynb():
    print("IPython Notebookからこんにちは")

importnbのインストールについてはこちらこちらのページでご確認ください.

Pythonファイルに変換してインポートする

Jupyter Notebookでは,.ipynbファイルを簡単にPythonファイル(.py)に変換できます.

ファイルを編集する画面の左上の「File」から「Download as」を選んで「Python(.py)」を選べばダウンロードが始まります.

ダウンロードしたPythonのファイルを同じディレクトリに置いたあげれば,あとはいつも通りインポートすればOKです.

機械学習のためにしっかりとPythonを勉強したいなら,ある程度の基礎を身に着けた後に下の本を読むのがお勧めです.この本をこなせば,より高いレベルへ到達できるでしょう.

必ずしも必要ではありませんが,独学がどうしても苦手で,いつもどこかで詰まってしまったり,勉強が続かない方はプログラミングスクールへ登録して,わからないことがあったらすぐに人に質問をできる環境で勉強するという手もあります.

Tech Academyは時間がない方でもオンラインで完結する受講携帯で質問もできます.

手っ取り早く短期間で集中してPythonを勉強したい方はプログラミングスクールも考えてみてはいかがでしょうか.

最新情報をチェックしよう!